床屋歴15年の俺が本当に旨いステーキの焼き方を教える

所沢理容師   齋藤リキです

今日の記事はね「ステーキ」

ステーキのうまい焼き方の記事

床屋関係無い??

そういうの大事よ?関係無い事が関係ある事なのよ?

寿司屋の次男として生を授かり、子供の頃からステーキの焼き方にこだわり、時にはテレホンショッピングで松坂牛セットをねだり、研究に研究を重ねて辿り着いたステーキの焼き方

刮目せよ!




ちなみに僕がいつも買う肉は見切り品とかで500円とかの肉なんで1000円超えるようだとダメです

流派か違うんで

僕のとこは「独飯流(どくはんりゅう)」ですので

肉に合う赤ワインもコンビニの「美味しいワイン」がトゥーマッチな奴なんで

今回、薄い肉と厚い肉のツーパターン教えていきますね

薄いというか普通の奴ですね

薄い肉は火が通り易く難しいです。

火が通りやすいって事は固くなりやすくパサパサになりやすいです

では普通肉の大切な事  2か条

①死ぬ程、包丁で刺す

持ち上げた時向こう側が見えるくらい


②表面に焼き目が付いたら火を止めて余熱でオッケー

薄い奴終わり!





では次は厚めの肉


厚めの肉がうまいんだよねぇ

では大切な事

①強火で肉の全ての面で焼き目を付ける。この時、肉は良く動かす。(転がすの意味では無く)肉を置いたフライパン接地面の温度が一気に下がるので、動かした方が焼き目がパリッとつく


②焼き目が付いたらアルミホイルに包んで弱火で蒸し焼き(オーブンなんて物は無いからな)

少ししたらアルミホイル開けて肉汁が赤々しい奴から透明になりかけてたらオッケー

④ソース

アルミホイルに溜まった肉汁とポン酢を適当な量あっためる

⑤完成

うちにはフォークとナイフが無いからいつも包丁で切る


ワサビが旨いからぜひ試してみてね!

次はハンバーグソースの旨い作り方書くからね!楽しみにしててね!




勤務店 カットプレイスシーマ所沢小手指店

ヘアスタイル

日常

投稿者: サイトウリキ

所沢理容師